初心者のためのアフィリエイト講座 11日目 情報発信するならこれだけは守れ!!

おはようございます。すうです。

朝から仕事の準備もせずにブログを書けるってなんかいいですね。

さて、昨日は情報発信について書かせてもらったのですが

今日は

情報発信するときのポイント

について説明します。

check

 

タイトルは入口!魂を込めて書け!!

記事のタイトルはあなたのサイトへの入口です。

何の変哲もないただの入り口では入る気も起きません。

たくさん並ぶ、ショップの中で目に留まるのはどんな店舗でしょうか?

あなたの興味あるものが並ぶ店であったり、奇抜なデザインであったり

その中で、あなたの購買意欲を掻き立てるのはあなたの興味のあるものが並ぶ店です。

 

これはあなたでなくても変わりません。

奇抜なデザインであったとしても、奇抜だなと思ってスルーされることが多いのです。

ネットビジネスの世界に置き換えれば、こんなメルマガのタイトルを見たことはないでしょうか?

「おめでとうございます!当選しました!」

は?また迷惑メールですか?って感じですよね。
場合によってはあえてこんなタイトルをつける場合もありますが

多くの場合はこんなタイトルをつけられても何のメールかわからないし

興味はないわけです。

なのであなたが狙うターゲットはどんなことに興味を持っているのかを

考えて独りよがりにならない記事、そしてタイトルをつける必要があります。

kensaku-1

 

張りぼてではお客様はすぐに帰る

タイトルは魂を込めて書くことと言いましたが

タイトルだけではお店に入っても何も買ってもらうことはできません。

そして、入ったけどなんか違うな

店構えがしっかりしていてもお店に入ったら何もないような

状態ではお客様はすぐに帰ってしまいます。
ネットの世界では、サイトの滞在時間これが重視されます。

お店に入って、どれだけ長い時間滞在してくれるか

ということです。

お店に入る人がたくさんいてもその分ものの数分で出て行く人

ばかりではそのうち口コミで悪い噂が広まるばかりか

何か購入してもらえない、単なる張りぼて店舗になってしまいます。

 

googleは張りぼてのような店舗を減らすために

滞在時間を重視しています。

アクセス数(お店に入店してくれる人)はさることながら

滞在時間が長いサイトを優良なサイトとして検索の上位に表示します。

あなたもサイトを作る際は入り口だけでなく

店内も充実させなければ優良店舗、優良サイトにはならないということです。

何を求めてあなたのサイトに来ているのか理解する

あなたのサイトには様々な言葉やタグが

ちりばめられていることと思います。

あなたのお客様は多くの場合、検索エンジン(google、yahooなど)

から検索した結果あなたのブログに到達することがほとんどです。
その中で、あなたのお客様はどんなことに興味を持ってあなたのサイトに

訪問しているのかを分析してください。

これは一般にアナリティクスと呼ばれ

どのような検索ワードで検索した結果あなたのサイトに来たのかを

分析することができるツールがあります。
例えば、アフィリエイト系のブログをやっていて

あなたのブログに来たお客様の検索ワードは

「ブログ 作り方」だったとします。

あなたのブログはブログの作り方に対するニーズがある

ということです。
あなたは、今までのアフィリエイトのやり方の記事だけでなく

ブログの初歩的な書き方から運営方法、ネタ探しまで

「ブログ 作り方」に対するニーズに応える記事を増やし

ニーズに応える必要があります。
ニーズに応えることで、あなたの信頼度は上がり

あなたに個別指導の依頼が来たり、ブログ構築の依頼が

入るように展開することも可能です。

 

まとめです。

①あなたのターゲットを理解する。

②ターゲットにあったサイト運営を行う。

③タイトルと記事は魂を込めて書く。

④アクセスを分析してあなたのサイトのニーズを理解する。

⑤メイン記事の他のニーズにあった記事を更新していく。

⑥ゴール!

 

以上6点を守って最高のサイト構築をしていきましょう!

すうでした。

 

次回記事はこちら

初心者のためのアフィリエイト講座 12日目 結局何から始めればいいの?

そんなあなたにオススメの記事

      2017/02/26

 - アフィリエイト初心者講座 , , , ,